基本マナー

いつものあなたで大丈夫です。基本マナーは優しさから!

ゴルフのマナーは古くから受け継がれてきたゴルフの本質そのものです。でも初心者の方でもぜーんぜん難しく考えることはありません。普通の生活と同じように他人に対する心配りや、コースをいたわる気持ちそのものがゴルフのマナーっていえちゃうんです。

安全に対する心配り

安全に対して心を配ればそれが基本マナーなんですね。朝一番のスタート前、スタートホールのティーインググラウンドや練習グリーンの空いた場所は練習にもってこいのエリアです。朝の体をほぐしがてらドライバーをビュンビュン素振りしてみたり、ウエッジやチッパーを使ったアプローチの練習をしたくなるのも当たり前のことなんですね。しかしドライバーの素振りは決められたエリアで行うようにしてくださいね。練習グリーンでアプローチの練習は厳禁ですよ。最初は人がいないと思ってもいつひょっこり現れても不思議ではありません。
いよいよプレーが始まります。打つ気満々はやる気持ちは分かります。でも、ティーショットは前の組が安全な場所に移動したかどうかを十分に確認してから打つようにしてください。もしボールがあさっての方向に飛んで行ったときは大きな声で「ファー」と掛け声を発生てください。声を出すだけで随分違ってくるものです。
第2打地点のアイアンショットではボールはカップに遠い方からショットします。自分の順番が来るまでは同伴者のショットに注意しましょう。後ろからボールが来るのに背中を向けて歩くのはマナー違反でもあり危険ですよ。

他のプレーヤーに対する心配り

他のプレーヤーに対する心配りも立派なマナーなんです。他のプレーヤーがプレー中は近くでモソモソ動いたり話声は立てないようにしましょう。特に皆が集まるティーインググラウンド周辺でのワイワイガヤガヤは注意してくださいね。携帯やスマートホンをマナーモードにしておくことも忘れないでください。そしてプレーはできるだけ早く行いましょう。打数が多くてプレーに時間が掛るのは仕方のないこととしても、一つ一つのプレーは心構え一つで早くもなれば遅くもなります。カート道から遠くにボールが止まってしまいキャディバッグから離れたボールを打つときはアイアンやフェアウェイウッドを数本持って打ちに行きましょう。グリーン上でパットのときでも自分の順番がきてからパットのラインを読んでいては不要な時間だけが掛ってしまいます。そしてグリーン上ではプレヤーはいつもよりは繊細です。特に入れごろ外しごろのパットを打つときは気持ちをカップに集中します。そんなときプレーヤーの正面に立ったり、パットのラインに影を落としてはせっかくの集中力が切れてしまいますよ。

ゴルフ場に対する優しさ

ゴルフ場に対する優しさもプレーヤーの大切なマナーですよ。バンカーにボールが入ったら自分が作った足跡やボールを打った跡は綺麗に直しておきましょう。他人が作った足跡もついでに直しておけば100点です。そしてバンカーには低い場所から出入りしましょう。バンカーを崩さないための気遣いです。フェアウェイでも同じことがいえちゃいます。もうピーンときましたね。そう、自分が作ったディボット跡は自分で直しておきましょう。飛ばしたターフで埋めるのが一番、なければ砂袋の砂を入れるようにしてくださいね。砂袋はカートに乗っているので直に見つかります。グリーンに上がれば自分のボールが落ちた場所がへこんでいるのが見つかります。そう、ボールマークです。自分の付けたボールマークを直すのは当然のマナーですが、他のへこみに気が付いて時間に余裕があれば一緒に直しておきましょう。ただし、グリーン上ではライン読みや旗竿の処理で結構忙しいものです。

この記事をコツコツ書いた人w

パンサー前田
パンサー前田
コメントの入力は終了しました。