ゴルフクラブの選び方

初心者でもポイントを決めれば大丈夫ゴルフクラブの選び方!

初心者の方もこれから始めようとしている方もいざクラブを選ぶとき「どーすりゃいいの??」ってかんじですよね。でもそんなに心配要らないですよ。ゴルフクラブはスペックで選んでも価格重視で選んでもあなたにピタリのクラブは必ず見つかります♪♪

ドライバーの選び方

ドライバーはティーショットで使うクラブです。飛ばすことが目的に作られたクラブなので、飛んでくれないことには話になりません。それだけにクラブメーカーでも飛ぶための機能てんこ盛りで他との差別化をもくろんでいます。自分のスイングとドライバーの飛びの機能がマッチしたときビックリするほど飛ぶんです。といっても初心者の方は自分のスイングが固まっているわけでもなく、傾向を掴んでいるわけでもないですよね。余り細かい機能をあれこれ比べてみても意味がないってことです。ボールの飛距離は初速、打ちだし角、スピンで決まります。まず初速が上がるドライバーを探しましょう。ドライバーのシャフトのしなりを利用すれば初速は上がります。シャフトの硬さを表すフレックスで自分に合ったクラブを選べばいいですね。次の打ち出し角は高さのことです。ある程度高さがないとボールは飛びません。ドライバーのロフト角を大きめにするか、シャローフェースの方がボールは上がってくれます。最後のスピンに関しては初心者の方は気にしなくていいです。自分の力で適度にしなり、そこそこ高いボールが打てるドライバーを選んでくださいね。

アイアンの選び方

アイアンでもクラブの持つフレックスは重要なスペックです。基本的にはドラーバーのフレックスに合わしてアイアンのフレックスも選びます。ドラーバーが飛ばすクラブだとアイアンは距離を合わせるクラブです。何でも飛べばいいってもんではないんですよ。そのため、数本のクラブを持って飛距離に連続性を持たせます。といっても1ヤード刻みではなく10ヤード刻みで十分です。この10ヤード刻みの調整はプレーヤーではなくクラブが行います。クラブの番手により長さとロフト角を違えていて飛距離を調整しているのです。したがって、アイアンはアイアンセットとして購入することが多くなります。しかしここで問題があります。アイアンクラブは番手が上がるほど扱いが難しくなるのです。初心者の方ではロングアイアンやミドルアイアンでも4番5番は難しくて持っていてもほとんど役に立ちません。アイアンクラブを何番まで持つかがアイアンを選ぶときには重要になります。アイアンで届かない距離はユーティリティかフェアウェイウッドで埋めるようにしてください。


ウェッジとパター

ピッチングウェッジ以下アプローチ用のクラブがウェッジです。アイアンセットを購入するとピッチングウェッジとサンドウェッジまで付いているセットも多いのでそれを使えば問題ありません。ただ、サンドウェッジはバンカー以外のアプローチにはバウンスが邪魔をして不向きです。そのためアプローチ専用のウェッジを加えます。アプローチ専用ウェッジはピッチングのロフト角を参考にピッチングが44度ならアプローチ用ウェッジは50度、46度なら52度といった感じでロフト角で5~6度程度違えます。特に決まりはありません。バランスの問題ですね。最近では58度や60度を超えるロフト角のウェッジも作られていますが、余り角度が多いと難しくなり初心者の方にはお勧めではありません。もう1本ウェッジを選ぶとすればチッパーの方がお勧めですね。このクラブはウェッジとパターの中間のクラブでチップショット専用クラブです。パターと同じ打ち方をすればボールは上がってくれます。初心者の方でも簡単にチップショットでペタピンが狙えますよ。パターを選ぶときはフィーリングが大切です。見た目でも自分が構えたときでもしっくりきて打ち易ければそれで決まりです。


フェアウェイウッドとユーティリティ

これでドライバーとアイアンセット、、パターを選びました。短い距離はバッチリ抜かりはありません。あとはドライバーとアイアンの間を埋めるクラブを選びましょう。フェアウェイウッドとユティリティが候補ってことになります。ただ、どちらを選んでもアイアンとの飛距離との連続性はありません。そこでおよその飛距離の目安を基に選ぶことになります。5番アイアンとユーティリティの6番が同じ程度でフェアウェイウッドだと9番ウッドが同じ程度の飛距離です。勿論、メーカーによってもブランドによっても違いはありあくまで参考です。比較するのが面倒なときはゴルフクラブセットで購入すればドライバーからフェアウェイウッド、、アイアンとパターまで塩梅良く揃っています。ハーフセットからフルセットまでクラブ本数も組み合わせも色々で選択肢も多く初心者の方がクラブを選ぶときには比較的安心な方法ですね。

この記事をコツコツ書いた人w

パンサー前田
パンサー前田
コメントの入力は終了しました。