クラブフルセットって何が必要なのか

ドライバーからバッグまで自分の世界を揃えてみよう!

ゴルフゲームは1番ホールから18番ホールまでを順にプレーし打数を競うゲームです。初心者でも上級者でもプレーのために使えるクラブは14本しかありません。池を避けバンカーを避けて効率よくラウンドできるクラブをバランスよく揃えましょう。

クラブは14本以内でバランスよく

クラブフルセットで揃えるクラブは14本までと決められています。グリーン上で使うパターはよく入るパターを1本入れるとして残り13本をバランスよく選ぶ必要がありますね。ゴルフコースをホールごとに見ましょう。長いホール短いホールとバラエティーに富んでいます。それらのすべてのホールを機能よくピシッと攻めるためには役割別にクラブを選べば効果的です。まず、一番飛ぶクラブがドライバーです。バシッと飛ぶドライバーを1本選んでおきましょう。次にロングホールではフェアウェイウッドが欲しいですよね。ロングホールで使うクラブとしてフェアウェイウッドを1本~2本持つようにします。
飛ばすクラブを選んだらお次は狙うクラブを選びます。狙うクラブは距離に連続性を持たせましょう。アイアンをセットでを選べばいいですね。アイアンの得意な人は5番~9番アイアンにPW、SWを揃えると7本になります。不得意な人は5番を抜いて6本セットにするか6番まで抜いて5本セットにするのもありですよ。

機能の多様性

ウッドを3本とアイアンを7本入れた人は残り3本選べますよね。一番飛ばないウッドと5番アイアンの距離を埋めるためにさらに飛ばないウッドをもう1本追加で入れるかユーティリティを入れるかの選択になります。それか両方入れてウェッジを1本にしても問題ありません。ウッドを2本にしてアイアンセットを5本にした人は残りが6本選べます。その代わりウッドとアイアンの距離が空きすぎているのでユーティリティの本数を増やす必要があるってことです。ユーティリティを2~3本にしてウェッジ側で1~2本増やすとクラブ数は11~13本になります。14本になりませんがそれで問題ありません。そのうち欲しいクラブが現れたとき追加でいれればいいのです。ウェッジはPWとSWの間に1本あれば十分です。どうしてももう1本入れたい人はロフト角が60度クラスのロブウェッジにするかチッパーを入れておくのも一つの方法ですね。

クラブ以外

クラブフルセットにはクラブ以外のアイテムも含まれています。クラブを入れて持ち運ぶためのバッグがキャディーバッグです。キャディーバッグは好みのものを選んでくださいね。なんといっても一番目立つアイテムですから。楽天などの通販サイトを覗いてみるといくらでもお気に入りが見つかりますよ。注意しておきたいのは、大きさと重さです。キャディーバックはプロが担いでいるような大きなものから、スタンドバッグやコンパクトにまとめたものがあり、重さにもかなりの差があります。持ち運びにも苦労するような大きなバッグを買ってもしんどいだけですからね。クラブのヘッドを保護するカバーも必要です。ウッドやユーティリティは専用カバーがついてくることが多いのですがアイアンにはカバーが付いていません。キャディーバッグの中でアイアンのヘッド同士がぶつかると傷になります。1本1本でなくてもアイアンセットとしてまとめることができるカバーがあればいいですね。勿論パターのカバーもあった方がいいですよ。

この記事をコツコツ書いた人w

パンサー前田
パンサー前田
コメントの入力は終了しました。